ソニー【6758】今後の株価

日本株

ソニー株価まとめ
・ゲーム事業が好調
・鬼滅の刃の効果で音楽事業も好調
・ゲーム関連銘柄は材料出尽くし気味

スポンサーリンク

ソニー株価情報

株価・株価推移

株価情報

株価:10635円
PER:12.1倍
PBR :2.44倍

2021/2/3

1年チャート

10年チャート

https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=6758.T&ct=z&t=ay&q=c&l=off&z=n&p=s&a=v

事業内容

セグメント別売上高

セグメント別利益

ソニーの各事業は以下にのようになります。

ゲーム・・・ゲームハードの販売、PS PLUSの月額課金
音楽・・・音楽制作、レコード会社、芸能事務所、子会社のアニプレックスでアニメ制作
映画・・・ハリウッド映画制作
エレクトニクス・・・家電製品、テレビ、カメラ、音響機器
イメージング・・半導体、CMOSセンサー、デジカメ向け、モバイル機器向け
金融・・・ソニー損保、ソニー生命、ソニー銀行

収益の柱はゲーム事業と半導体ですね。
ゲーム事業はPS5を最近発売しました。
PS5の値段を見るとソニーもアップル同様にハードの単価を抑えてサービスで利益増やしてくようにシフトしてきるような値段設定です。
同じくゲームハードを販売している任天堂がゲーム事業のライバルですね。

財務状況

自己資本比率:20.8%
ROE:20.13%
ROA:4.19%

EPS:877.6円
売上高営業利益率:10.68%

自己資本比率が低いのは金融をやっているので20%くらいでも問題ありませんね。
収益性は平均以上で問題ありません。

売上高・EPS推移

今回の上方修正でEPSは2021年が過去最高となる予想です。

3Q決算

3Q決算も素晴らしく、通期見通しの上方修正も出しました。
ゲーム事業、音楽事業がかなり好調のようです。
やはり音楽事業は3Qで鬼滅の効果が出てきて好調だったそうです。
今回の上方修正でEPSは過去最高となる予想です。

まとめ

予想通り3Qでは鬼滅の刃の売上が乗ってきて好決算になりました。
ゲーム事業はうまくハードの売上のみではなく、サービスによる継続的な売上に切り替えがうまくいっている。
決算は素晴らしく、上方修正も発表されたのですが、先日のゲーム関連の決算後売られていたのを見ると新規に買いに行くのは様子見推奨です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました